MENU
人気アプリ

▼ネットリサーチ国内最大手▼


▼簡単な作業・オフィスワークも▼


▼業界大手・レア求人多数▼


▼CMで話題のサービスで発注・受注▼


▼知名度抜群、配達件数が多い▼

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

▼業界トップクラスの固定報酬制▼

出前館 配達パートナー募集

人気サイト

▼日本最大級のクラウドソーシング▼



▼教える・学ぶ▼


» 求人サイト・アプリ一覧(単発・短期 〜 正社員)

Indeedの評判|求人募集で評価が分かれる理由とは。全ての方へ

「Indeedでの採用ってどう?評判が気になる。」
「求職者の口コミも聞きたい。」

様々な求人サイトを一気に見れて便利なIndeed。CMでも芸能人を数多く起用しシェアを拡大。Indeedについてによると、毎月2.5億人以上のユーザーを記録。他を圧倒しています。

Indeedは無料で使えるサービスということもあってか、インターネット上での評価が分かれています。
それゆえ、実際のところ 評判はどうなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事で紹介しているIndeed(インディード)の 口コミは以下です。

全ての口コミを調査
  1. Indeedで採用した会社の口コミ
    • 人事の方向け(無料・有料どちらも紹介)
  2. Indeedの求人を使って応募した人の口コミ
    • 求職者向け
  3. Indeedで勤務している人の口コミ
    • 新卒・転職者向け

残念ですが、評判・口コミは作れる時代になりました。
当サイトは、社会学を専攻した筆者が「信憑性が高い・役立つ」と判断した口コミを抜粋しています。

求人サイト・アプリ一覧【短期バイト〜中長期の仕事まで全て紹介】

目次

Indeedの評価が分かれる理由

「なぜIndeedを利用する人の評価は大きく分かれるのか?」

様々な思惑があります。

・求人サイト
・個人ブログ
・利用者など

Indeedの評価が分かれる理由は以下です。

理由
  1. 無料で求人を掲載できるので、広告掲載料金がかかる求人サイトの脅威
  2. 求人を出す会社のライティング力が問われる
  3. 誰でも使えるオープンなサービスなので、求人の質・求職者の当たり外れが大きい
  4. 求人数が多く検索しづらい
  5. Indeedを推すメリットがない

❶広告掲載が有料の求人サイトの脅威

Indeedは求人に費用がかからないため、その存在を脅威に感じている求人サイトも多いです。

そのため、口コミを捏造している可能性もあり得ます。

インターネット上の評価が低かったとしても、それが必ずしも正しいわけではありません。

❷求人を出す会社のライティング力が問われる

Indeedは無料で求人を掲載できますが、一般的な求人サイトのように文章を推敲してくれるわけではありません。

そのため、キャッチコピーや求人の募集内容次第では、ほとんどマッチングせず評価が低くなりやすいです。

❸求人・求職者の質は千差万別

Indeedは誰でも使えるオープンなサービスなので、求人・求職者の質は千差万別です。

無料という大きなメリットはあるものの、サポート体制は有料のサービスに劣ります。

❹求人数が多く検索しづらい

Indeedは求人数が非常に多いため、目的の求人を検索しづらいです。

転職エージェントのようにプロがサポートしてくれる訳ではありません。

❺Indeedを推すメリットが小さい

Indeedにはアフィリエイト広告やサービス紹介料がありません。

そのため、実際にはIndeedが素晴らしいサービスだとしても難癖をつけて他のサービスへ誘導する記事も多いです。

つまり、「Indeedはインターネット上でおすすめされにくい状況にある」と言えます。

Indeedでの採用はどう?【人事の方へ】

メディアリテラシーの高い方は、ネット上の口コミ・評判があまり当てにならないことをご存知だと思います。

しかしながら、実際に利用した人の口コミ・評判がインターネット上にあるのも事実です。

以下、Indeedで採用活動をした会社の口コミを抜粋しています。

良い口コミ

即日ですぐに求人広告を出せる

  • Indeed初めて使ったが、思い立ったその日に広告を出せて、自分が効果測定をしつつ運用できるのが魅力的。

採用コストの削減

  • 最近Indeedの無料掲載をかなり利用しているが、利用アルバイトの方も優秀な方も採用てきている。
  • 求人検索エンジンなら、掲載費用はかからないので採用コストが大幅に削減できる。
  • 求人媒体のように、一発勝負にもならない。

UIが使いやすい

  • Indeedの管理画面細かく変わっていってるし使いやすい。面談予約させたりEF直送のスキーム用意してみたりで、長くKPI追えるようにしてる印象。

応募がすぐ来た

  • Indeedに求人掲載したら翌日に応募があった。
  • Indeedに求人掲載したらすぐに応募があって嬉しくなった。お金かけなくても人は採用できるのか挑戦したい。

採用できた

  • このご時世ですが、SNS広告とIndeedの予算組んで、採用コストは低め。
  • Indeedに求人掲載したら翌日に応募があった。
  • Indeedで申し込んで、2、3日に採用。

悪い口コミ

定着率が気になる

  • 採用コストはきっとこれからも上がっていく。採用専用ページ作成、Indeed活用といった小手先での募集強化は焼け石に水。入社メンバーの定着率を向上させないと、事業の存続すら難しくなる。

応募が来ない

応募者の質が低い

  • Indeedに求人出してるけど、応募者の質が低い気がする。
    • 面接直前になってのキャンセルがやたら多いし今日はとうとう無断キャンセルされた。
  • Indeedからの応募3連続で連絡なしドタキャンされた。
  • 職場がIndeedで求人出したら結構な応募者が来て履歴書を整理してたけど結構な割合でどうなの?って人意外に多い。
    • 履歴書の日付が何ヶ月も前
    • PDFでなくワード(ズレてて印刷しにくい)
    • 修正液使ってる
    • 志望動機や職歴の説明が偉そう

他求人媒体と比較した口コミ

ハローワークは厳しくて面倒なのでIndeedの方がいい

採用に至らない

Indeedで採用するコツ・テクニック

Indeedで応募者が増える、採用するコツ・テクニックを口コミ・評判を元に紹介。

住所の登録場所で応募が増える

就業先が田舎の場合、正直に住所を登録すると全く応募が来なかったが、送迎バスが出ている駅の住所(近隣市)に変更したら応募が増えたとのこと。

YouTubeからの動線を作った

  • Indeedで全然募集が来なかったけど、YouTube動画で採用に繋がる動線作ったら何件か応募が来た

Indeed有料での採用の口コミ・評判

  • 採用コスト¥4,484円
    • 応募者5人
      • 連絡不能1
      • ドタキャン1
      • 遅刻1
      • 面接2

Indeedの求人の評判はどう?【仕事を探している方へ】

良い口コミ

採用された

  • Indeedで応募したところ採用されたのに、家には斉藤工さん来ない(CM)
  • バイト採用された。やっとIndeedアプリ消せる。

使いやすい

  • 地域指定して会社員、フリーランス両方で検索するならIndeedが1番使いやすい。

悪い口コミ

企業から返信がない

  • 息子、Indeedから検索して3社応募させた。1社はすぐ返信あったが送付後連絡なし。残り2社は返信すらない。今の会社ってこんな対応悪いの?嘘でも応募者多数のため断って来るべきでは?求人出すだけで放置とかありえない。
  • Indeedは1回使ったことあるけど、応募したのに応答なしみたいなことがざらにあったのでオススメしないです。

紙媒体で履歴書・経歴書の送付を求められた

  • Indeedで応募したところから履歴書と職務経歴書送付してとメール。Indeed内で履歴書も職務経歴書もどきも入力してあるので、見れるはずなのに本当面倒くさい。

応募した内容と違う仕事を紹介された

  • Indeed経由で色んな求人(正規、契約、派遣)10件ほど応募してみたけど、直接応募って感じじゃない。釣り求人がある。

他求人媒体と比較した口コミ

  • リクルートとかインディードとか就活アプリ信用してない。ハローワーク一択。
  • ハロワとかインディード見ても年収400万どころか300万いく仕事があれば高い方。
  • ハロワで募集しているサイトは求人にお金をかけない、かける気がない会社がほとんどなのでヤバイ率高いと思う。出来れば大手の転職支援サイト使った方がいいと思う。エージェントが給与交渉とかやってくれるし。

Indeedで働くってどう?【本社で働きたい方へ】

Indeedで勤務している方の口コミが少ないため、関連するものを紹介しています。

良い口コミ

給料が高い

  • リクルートに限っては子会社のIndeedの方が遥かに給料高い
  • AustinにあるIndeed本社で働いている日本の人幸せそうだな。

悪い口コミ

組織マネジメントが慎重

  • 元々ITエンジニア集団でGoogleのような組織文化を持つIndeed。買収後も本社は米で日本はあくまでも支社。熟達志向の高いエンジニア部門と達成志向の高い営業部門は別の場所に置かれてほとんど行き来がないそう。

Indeedとは

出典:Indeed
サービス名Indeed
内容求人検索エンジン
特徴求職者、採用どちらも基本無料(※1)
リリース2005年β版
日本:2009年11月(※2)
運営会社2012年リクルートが完全子会社化(※3)
公式サイトURLhttps://jp.indeed.com/

Indeedは、「求人サイトではなく、求人検索エンジン」です。

一般的な求人サイトは掲載費もしくは採用成功報酬が必要ですが、Indeedへの求人投稿は無料で行えます。

Indeedでよくある質問

スポンサー求人とは

求人情報をIndeedの検索結果でより高い頻度で表示されるようにする有料オプションのこと。

スポンサー求人となった求人情報は、通常の求人情報よりも多くの求職者の目を引くことが可能。スポンサー求人は通常の求人に比べて最大3.5倍**クリックされているとのこと。 **Indeed調べ

スポンサー求人の仕組み

Indeedの有料プランでクリック課金型です。
スポンサー求人がクリック・閲覧されることではじめて料金が発生する仕組み。

クリック単価は入札方式で決まるので、求職者からの需要や他社の入札状況によって変動します。(※1)

スポンサー求人の確認方法は?

職種名や会社名を検索することで確認可能です。

自身でクリックしても課金対象になってしまうので、注意が必要です。

予算は設定できる?

予算上限を超えて課金されることはありません。

Indeedでの求人情報掲載の成果はどのように確認できる?
  • 直接投稿の場合
    • 管理画面から求人情報の表示回数やクリック数などを確認可能
    • 無料で利用できる応募者管理ツール
  • 有料のスポンサー求人を利用している場合
    • 市場動向を調査するツールなどを利用可能

参照:よくあるご質問(FAQ)


参照
(※1)【公式】Indeed(インディード)料金の仕組みを解説
(※2)Indeed – Wikipedia
(※3)米国Indeed Inc.の株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ | リクルートホールディングス

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次