MENU
人気アプリ

▼ネットリサーチ国内最大手▼


▼簡単な作業・オフィスワークも▼


▼業界大手・レア求人多数▼


▼CMで話題のサービスで発注・受注▼


▼知名度抜群、配達件数が多い▼

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

▼業界トップクラスの固定報酬制▼

出前館 配達パートナー募集

人気サイト

▼日本最大級のクラウドソーシング▼



▼教える・学ぶ▼


» 求人サイト・アプリ一覧(単発・短期 〜 正社員)

Webライターってどんな仕事?雇用形態、給料、デメリットを正直に解説

「Webライターってどんな仕事?」
「大変?給料はいい?」

最近Webライターが、大人のなりたい職業第1位(※1)に選出されたことをご存知でしょうか。在宅で出来る仕事の中でも始めやすいので、社会人の副業としても人気が高いです。

とはいえ、実際に始めるとしたらWebライターの雇用形態や給与体系仕事の難易度、リスク、注意点なども気になりますよね。

今回は、Webライターの仕事について現役ライターの筆者が魅力とデメリットを正直に紹介しています。

目次

Webライターの仕事について

仕事内容について詳しく解説していきます。

仕事内容

Webライターのイメージ画像

Webライターは、インターネット上のサイトに掲載する文章を書く仕事です。一般的には、クライアントから仕事を受注し、期日までに納品します。

依頼内容や雇用契約によっては、企画、リサーチ、分析・改善まで求められる場合もあります。

Webライターの仕事内容
  1. (企画)
  2. (リサーチ)
  3. 記事執筆
  4. (効果分析・改善)

Webライターの魅力

「Webライターってどんなところがいい?」

メリットを箇条書きにしました。

Webライターのメリット
  • リモートで働ける案件が多いので、通勤の必要がない。
  • 子育て、家事などが忙しい主婦でも出来る。
  • 記事作成時のリサーチで知識が増える。
  • 文章力が身に付く。

書く記事の内容は、簡単なものから専門知識が必要なものまで様々です。

ジャンル
  • ライフハック
  • ガジェット
  • エンタメ
  • 恋愛
  • 美容
  • グルメ
  • 旅行
  • 仕事
  • 教育
  • 金融
  • 仕事
  • Webサービス

報酬、給料体系

Webライターの報酬・給料は、雇用形態にもよりますが、月20万〜30万が一般的です。

副業などで空いた時間に報酬を得る場合、「1文字1円、1記事3,000円」というように成果報酬のため経験・スキルで収入が大きく変わってきます。

仕事の難易度

「Webライターの仕事は難しい?」

クラウドソーシングサービスなどを利用すれば、仕事を始めるのはそこまで難しくありません。

最初はこのくらいのレベルで大丈夫
  • 文章を書くことに抵抗がない
  • タイピングも多少はできるつもり

しかし、実績が全くない状態だと仕事を獲得するのが大変です。

最初は仕事を選び過ぎず様々な案件をこなしながら、良いクライアントと出会えるよう経験を積みましょう

「自分はライターに向いているのかな?」と悩む方は、以下で紹介するクラウドソーシングを使って2、3記事書いてみるとよいでしょう。

Webライターの雇用形態

「働き方が気になる。」

Webライターの働き方は以下の3つに分類されます。

雇用形態
  1. 正社員
  2. 業務委託
  3. アルバイト

正社員

webライター 正社員で検索
※2022/1/30

Webライターと聞くと、フリーで活動している印象があるかもしれませんが、会社員として働いている方もいます

Webで「Webライター 正社員」と検索したところ、ページ上部にリスティング広告が4つ表示されました。

求人数を調査

リスティング広告を出している企業
  • :22件
  • :10件
  • ビスリーチ:1件 ※ハイクラス求人のためコピーライター・ディレクターの募集が多い
  • AMBI:2件 ※ハイクラス求人のためコピーライター・編集業務が多い

リスティング広告とは、検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告のことです。

「広告が4つも出ているのはなぜか?」

それは、企業が広告費をかけても人材を集めたいと考えているからです。需要はあります。

「Webライター 正社員」検索結果1ページ目に表示されている求人サイトは以下です。
※求人ボックスとIndeedは求人検索エンジンのため、サイト内の求人を開くと求人サイトなどへ遷移します。

Webライターの求人があるサイト
  1. (求人ボックス)
  2. エン転職:43件
  3. doda:157件 ※求人広告制作の求人が多い
  4. (Indeed)
  5. リクナビNEXT:37件
  6. Green:286件 ※Webディレクターの求人が多い
  7. テンプスタッフ:10件 ※8割派遣の仕事

「未経験でも大丈夫?」

具体的に募集条件や給料を例として紹介します。

求人内容
スクロールできます
求人サイト応募条件給料年間休日仕事内容
エン転職・職種・業界未経験者
・第二新卒者歓迎
月給25万〜35万円
(月18時間分のみなし残業代3万円以上を含む)
122日・リサーチ、ライティング、効果分析・改善
doda・大卒以上
・社会人経験が3年以上(業界・職種不問)
・Windowsの基本操作
・Word・Excel・PowerPointの基本操作
月給20万〜30万円
(※試用期間中は日給8000円)
126日求人広告制作(取材、ライティング、顧客確認)
大卒以上・業種未経験歓迎年収300万〜450万円120日ECサイトに掲載する商品記事のライティング業務
未経験歓迎20万1,000円125日Webサイトの記事制作・編集、電話での相談受付
Green未経験歓迎(編集候補)年収300万〜500万円125日記事企画、リサーチ・取材、執筆・編集
テンプスタッフデータでマニュアル作成(XMLのタグの理解必須)年収 500万円~600万円記載なしテクニカルライター / 編集・制作業務 / Web制作業務
2022/1/30時点

全く興味がない分野の記事を書き続けるのは難しいので、親和性が高そうな会社を選びましょう。

業務委託

Webライターは、業務委託(=雇用関係のない企業から仕事を委託され特定の業務を行うことで報酬が支払われる働き方)が圧倒的に多いです。

オンラインで仕事が全て完結することから、こちらが主流になっていく可能性が高いです。
実際クラウドソーシングの市場規模は年々拡大しています。(※2)

業務委託の仕事の探し方
  1. 企業や個人がWebライターをホームページやSNSで直接募集
  2. クラウドソーシングサービスを仲介して委託

現状、クラウドソーシングを通じてクライアントから記事執筆の仕事を受注するが一般的です。仲介手数料はかかりますが、仮払い方式なので安心して取り引きができます。

報酬は文字単価で支払われることが多いですが、文字数が指定されていない記事単価の案件もあります。

案件内容
文字単価1文字1円
文字数指定3,000文字4,500円
記事単価1記事5,000円
クラウドソーシングの案件の例
仕事の大まかな流れ
STEP
仕事の相談

記事内容、記事構成などをクライアントとチャットで打ち合わせ。

STEP
仕事を受注

双方の合意の元に仕事を受注します。

STEP
執筆

・Googleドキュメントで作成
・WordPressに直接入稿

STEP
納期までに仮納品

・クライアントに記事を提出、内容を確認してもらう。

STEP
修正、正式に納品

必要ならば修正、正式に納品します。

STEP
振込

振り込み申請、口座に振り込まれます。

※ワーカーは受け取る金額からシステム手数料と振込手数料が差し引かれるので、プラットフォーム選びが重要です。

アルバイト

Webライターのアルバイト求人はかなり少ないです。

  • タウンワーク:1件
  • マイナビバイト:11件
求人内容
求人サイト応募条件給料シフト仕事内容
タウンワーク年齢・性別・学歴全て不問完全出来高制
(条件不明)
記事執筆
マイナビバイト応募後に採用テスト業務委託
(1案件1,500円~6,450円)
記事執筆
マイナビバイト未経験者歓迎時給1,200円
(長期3ヶ月以上)
週4日以上、1日6時間以上企画・編集、リサーチ、記事作成

Webライターのデメリット

「Webライターの残念なところは?」

筆者が感じたデメリットは以下です。 ※クラウドソーシングを利用

  • 一般的に、クライアントから求めるものを作成する必要があるので、自由には書けない。
  • 業務委託の場合、最低時給を下回る可能性がある。
  • クライアントのニーズをきちんと把握するのが難しい。
  • PCと向き合っている時間が長いので、目が疲れる。
  • 運動不足になりやすい。

Webライターについてよくある質問

Webライターになるために資格は必要?

特に必要な資格はありません。

書きたい記事の専門性を上げることが重要です。

何か肩書きが欲しい場合、クラウドワークスに登録するとWebライター検定を受けることができます。

Webライターの文字単価はどれくらい?

ランサーズが公表している参考価格(※3)によると一般的なテーマだと0.5円〜2.0円。専門的なテーマの場合、1.2円〜5円程度です。

Webライターとブロガーはどう違うの?

ブロガーが自身のサイトに掲載する文章を書くのに対して、Webライターは、クライアントから仕事を受注して書くことが一般的です。

まとめ

今回は、Webライターの仕事について解説しました。

本記事のまとめ
  • Webライターは、インターネット上のサイトに掲載する文章を書く仕事。
  • 一般的には、クライアントから仕事を受注し、期日までに納品。
  • 雇用形態は業務委託が一般的だが、正社員・アルバイトの募集もある。
  • 初心者はクラウドソーシングサービスで記事を書いて仕事が向いているか判断可能。

(※1)https://elabel.plan-b.co.jp/job-change/6423/
(※2)https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd144420.html
(※3)https://www.lancers.jp/help/beginner/lancer/examples

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次