【3分で読める】ギグワークを依頼する手順を分かりやすく解説

「ギグワークはどうやって依頼する?」
「依頼の流れが知りたい」

上記のようにお考えではないでしょうか?

この記事では、ギグワークを依頼する手順と依頼できるサイトを紹介しています。

目次

ギグワークとは

ギグワークとは、インターネット上のプラットフォームを介して請け負う単発・短時間の仕事のことです。

企業は必要な時だけ仕事を依頼することができるため、利用の仕方によっては人件費を大きく抑えることができます。

誰に仕事を依頼する?

  • 個人事業主(業務委託)
  • 労働者(雇用契約を結ぶアルバイト)

など仕事をこなすワーカーの立場は様々ですが、基本的には個人に仕事を依頼するのが一般的です。

個人といっても、フリーランスに限りません。学生や主婦など仕事を請け負う人は多種多様です。会社員が一時的に仕事を請け負う場合もあります。

どんな仕事を依頼できる?

ほぼ全ての業務を依頼することができます。

  • 配達
  • 飲食
  • イベント
  • 事務作業

などの仕事から、弁護士や税理士への相談まで依頼できないことはほぼありません。

独自のノウハウを持っている個人はたくさんいるので、まずは相談してみましょう。

ギグワークを依頼する手順

ギグワークを依頼する手順はとてもシンプルです。

どのプラットフォームでも基本的には以下の流れで仕事を依頼できます。

STEP

ギグワークを依頼できるプラットフォームに登録

まず、依頼したい仕事内容を扱うプラットフォームに登録します。

基本的に登録は無料です。

STEP

仕事を発注、依頼内容を公開して待つ

仕事の依頼は以下3パターンです。

  1. 自ら依頼する人を選ぶ
  2. 選ばず自動マッチング
  3. 依頼内容を公開して待つ
STEP

契約する

自動マッチング以外のケースでは、ワーカーを選んだら条件について確認、交渉し業務を委託します。

  1. 応募の中から依頼したい人を選ぶ・ワーカーから提案がくる
  2. 条件について交渉
  3. 契約を結ぶ

ギグワークを依頼できるサービス

インターネット上で仕事が完結するクラウドソーシングサイトの場合、発注者は手数料の負担がないサービスが多いため、大手クラウドソーシングサイトがおすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)など、オンラインで注文するプラットフォームやタイミーなどの単発バイトアプリを利用する場合は、手数料、ワーカーの勤怠を管理するシステムなどをチェックしておきましょう。

▼企業・採用担当者向け

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次