» 求人サイト・アプリ一覧(単発・短期 〜 正社員)

ギグワーカー雇用の仕組みを解説|雇用形態、手数料、採用時の注意点

政府が副業を推奨(※1)していることもあり、個人の働き方は大きく変わりつつあります。フリーランスが中長期のプロジェクト単位の仕事を請け負うのに対して、単発・短時間の仕事を受けるのがギグワーカーです。

「この日だけ人手が足りない」「この仕事だけプロに任せたい」

そんな繁忙期や特定の仕事を依頼したい時などにギグワーカーは今や欠かせない存在となってきています。

この記事の内容
  • ギグワーカーの雇用の仕組み(流れ・手数料)
  • 雇用形態(直接雇用・業務委託)の差
  • ギグワーカーを採用する際の注意点

上記と併せて、ギグワーカーに仕事を依頼できる求人サイトを6つ紹介しています。

スキマ時間を活用して働きたいというワーカーは、こちらをご覧ください。

目次

ギグワーカーの雇用形態と雇用の仕組み

ギグワーカーの働き方

ギグワーカーの働き方は大きく分けると以下2つに分類されます。

  1. 業務委託:雇用関係のない企業から仕事を委託され、特定の業務を行うことで報酬が支払われる働き方
  2. 直接雇用:企業が労働者を雇う際に企業と労働者の間で直接雇用を結ぶ働き方

ギグワーカーを雇用したり、業務委託で仕事を依頼するには、専門のプラットフォームを介するのが一般的です。

募集は以下2つに分類されます。

  1. 広告掲載で募集
    • 成果報酬型:求人サービスに広告を掲載して募集する方法。成果報酬型でない場合、費用をかけても採用できない可能性がある
  2. クラウドソーシングサービス(インターネットを通じて仕事を受発注できるサービス)で募集
    • 成果報酬型
    • 時給型

ギグワーカーを採用する際の注意点

ギグワーカーを採用する際の注意点を3つ紹介します。

①稼働率に注意

ギグワーカーとマッチングできたとしても、実際に稼働してくれるかどうかは分かりません。

急にキャンセルされるリスクがあるので、利用する際は稼働率を企業に確認した方がよいです。

②秘密保持契約(NDA)

正社員と違い、詳細な契約書がない場合もあります。

情報の漏洩を防ぐために秘密保持契約(NDA)をワーカーと結んでおくとよいでしょう。

③報酬の支払い方法

報酬の支払い方法はプラットフォームにより異なります。

現金手渡しはできないこともあるので、報酬の渡し方はしっかりと確認しておきましょう。

ギグワーカーに依頼できる求人サイト6選

ギグワーカーに仕事を依頼できる求人サイトを6つ紹介します。

求人
  • 単発バイト
    • シェアフル
    • Timee(タイミー)
  • クラウドソーシング
    • クラウドワークス
    • ココナラ
  • gigbase(ギグベース)
  • GiGWorks Basic(ギグワークスベーシック)

シェアフル

出典:シェアフル
サービス名シェアフル
運営会社株式会社シェアフル
利用料金ワーカー:基本利用無料
クライアント:日給×30%
シェアフルの料金について
システム広告掲載料無料(成果報酬型)
雇用形態雇用契約、業務委託契約

シェアフルは、「スキマ時間を価値に変える」をテーマにした人材紹介のプラットフォームです。

短期・単発バイト、レギュラースタッフどちらも募集することができます。

シェアフルで採用するメリット
  • 成果報酬型でワーカーが働くまで費用はかからない
  • Webから即時に1日単位で求人掲載できるのですぐに人材を採用することが可能
  • 労務関連業務(就業条件明示、勤怠管理、給与計算、給与代行振り込み)をシェアフルで一元管理

\ 公式サイトを見る /

▼ ワーカーの評判・口コミ ▼

利用手順は以下です。

  1. 公式サイトへアクセス
  2. 「無料で求人を掲載する」をクリック
  3. 無料アカウント登録

Timee(タイミー)

タイミー公式サイトトップ
出典:Timee
サービス名Timee(タイミー)
運営会社株式会社タイミー(Timee,Inc.)
利用料金ギグワーカー:基本利用無料
クライアント:仕事成立の際に支払い報酬額の30%
(参照:利用料はいくらですか?
システム広告掲載料無料(成果報酬型)
雇用形態雇用契約、業務委託契約
シェアフルで採用するメリット
  • Webから即時に1日単位で求人掲載できるのですぐに人材を採用することが可能
  • 労務関連業務(就業条件明示、勤怠管理、給与計算、給与代行振り込み)をシェアフルで一元管理

\ 公式サイトを見る /

▼ ワーカーの評判・口コミ ▼

利用手順は以下です。

  1. 「無料ではじめてみる」をクリック
  2. 無料お申し込み
  3. 公式サイトへアクセス
採用担当の口コミ

クラウドワークス

出典:クラウドワークス
サービス名クラウドワークス
運営会社株式会社クラウドワークス
手数料ワーカー:5%〜20%
クライアント:発注の料金(参照:【共通】システム利用料について【クラウドワークス】)
システムインターネットで仕事を発注
雇用形態業務委託契約

大企業・政府をはじめ、利用企業は78万社以上

クラウドワークスは、インターネット上で仕事を受発注できる日本最大級のサービスです。

大企業・政府をはじめ、利用企業は78万社以上、安心して利用可能です。

クラウドワークスで発注するメリット
  • 人材を探す手間を省ける
  • 納期の融通が効く
  • 人件費の削減

\ 公式サイトを見る /

▼ 利用者の口コミ・評判 ▼

ココナラ

ココナラ公式ホームページトップ
出典:ココナラ

以下の記事も併せてご覧ください。

サービス名ココナラ
運営会社株式会社ココナラ
手数料ワーカー:22%
クライアント:発注の料金
システムインターネットで仕事を発注
雇用形態業務委託契約

ココナラは、「得意を売るならココナラ」で話題のスキルマーケットです。

ココナラで発注するメリット
  • 人材を探す手間を省ける
  • 納期の融通が効く
  • 人件費の削減

\ 公式 /

ワーカーの口コミ・評判 ▼

gigbase(ギグベース)

出典:gigbase

ギグベースは、様々な業界・職種経験者と企業を繋げるオンデマンドワークマーケットプレイスです。

国内最大級の人材データベースを持ち、企業は様々なデータを見ながら最適な人材を選ぶことができます。

サービス名gigbase
運営会社gigbase ギグベース株式会社
手数料ギグワーカー:基本利用無料
クライアント:25%〜35 %(参照:https://gigbase.jp/news/36)
システム広告掲載料無料(成果報酬型)
雇用形態直接契約
ギグベースを利用するメリット
  1. 全国25,000人以上のタレントデータベースから簡単検索
  2. 人材の募集から教育研修・業務勤怠管理等のトータルコストを最適化
  3. 有資格者や突発的に欲しい経験者をすぐに検索、活用が可能

\ 公式 /

ワーカーの口コミ・評判 ▼

GiGWorks Basic(ギグワークスベーシック)

出典:GiGWorks

ギグワークベーシックは、クライアントがギグワーカーへ業務を委託できるサービスです。

実際の求人を見ると単発・短期求人はほとんどないため、一般の求人サイトに近いです。

サービス名GiGWorks Basic(ギグワークスベーシック)
運営会社ギグワークス株式会社
公式サイトURLhttps://basic.gig.co.jp/
手数料ギグワーカー:基本利用無料
クライアント:仕事成立の際に支払い報酬額の10% ※ニュースリリースを参照
システム広告掲載料無料(成果報酬型)
雇用形態業務委託(請負契約、準委任契約)、直接雇用
ギグワークスベーシックを利用するメリット
  1. 手数料が安い
  2. 企業とギグワーカーで直接チャットのやり取りが可能

\ 公式サイトを見る /

▼ ワーカーの口コミ・評判 ▼

まとめ

今回は、ギグワーカー雇用の仕組み(雇用形態、人材の募集の仕方)、採用する際の注意点、求人サイトの特徴・手数料などを紹介しました。

以下のように、ギグワーカーに委託するメリットはたくさんあります。

ギグワーカーを雇うメリット
  1. 人材費を抑える
  2. 人材を探す手間が省ける
  3. 専門性が高い仕事を依頼可能

この時だけ人手が欲しいという場合は、ぜひ利用を検討してみてください。

以下の記事では、最新のギグエコノミー事情について紹介しています。

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次