» 求人サイト・アプリ一覧(単発・短期 〜 正社員)

Uber Eats 配達パートナーの補償|リスクと対処法を解説

「Uber Eats の配達パートナーを始めようと思うけど少し不安。」
「事故を起こした時の補償はある?」

このようにお考えではないでしょうか。

Uber Eats で働き始めるとしたら、リスクに備えてできる限りのことはしておきたいですよね。

フードデリバリーは自由な働き方が魅力ですが、運転初心者の事故が問題視されています。
厚生労働省の資料フードデリバリー配達員への労災保険特別加入適用についてを見ると、自転車乗用中の事故が自動車に次いで多いことが分かります。

そこで、本記事ではUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーへの補償制度を紹介。

実際起こり得る事故のリスクと対処法を解説しています。

目次

Uber Eats 配達パートナーへの補償制度について

Uber Eats 配達パートナー

Uber Eats (ウーバーイーツ)は、2021年10月1日に配達パートナーを対象にした障害補償制度を拡充しました。

障害補償制度とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中配達パートナーが障害を負った場合、受けられる補償のこと。

Uber Eats は 10 月 1 日より、配達パートナーを対象にした傷害補償制度を拡充します。万が一の事故等における配達パートナーの補償を拡充し、より安心して Uber Eats のプラットフォームをご利用いただける環境づくりを目指します。本件は、配達パートナーの交通安全の向上等を目的として、三井住友海上火災保険と締結した業務提携に基づく具体的な取り組みの一つです。

引用:Uber ニュースルーム

Uber Eats 配達パートナーとして働いていれば、加入の手続きは必要ありません

具体的な補償内容

旧補償制度新補償制度
入院を伴う傷害ヘルメット着用時:2万円
ヘルメット不着用:5,000円
手術の一時金入院し宿泊を要する場合は 75,000 円
外来手術の場合は 37,500 円
医療見舞金上限25万円上限50万円
稼働不能になる傷害1日7,500円適用日数(最大30日)1日7,500円適用日数(最大60日)
参照:Uber ニュースルーム

補償の目的

補償の目的は以下です。

  • ヘルメット着用の促進による交通安全の向上
  • Uber Eats 配達パートナーの安心して働ける環境の整備

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのリスクと対処法

「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのリスクは何か?」

配達時のリスクと対処法を紹介します。

配達時のリスク

リスク1:補償範囲は配達中のみ

配達リクエストを受けた時点から配達が完了、またはキャンセルするまでの間が補償範囲です。

稼働する前や、配達後の帰り道は補償の対象外となってしまうので、注意しましょう。

リスク2:徒歩配達は適用外の可能性

公式サイトの説明によると、徒歩配達での事故については言及されていません。

そのため、補償の適応外になる可能性があります。 ※確認中

本プログラムは、自転車・原付バイク・バイク・軽自動車を利用する Uber Eats 配達パートナーが、配達リクエストを受諾した時点から、配達が完了またはキャンセルされるまでの間に生じた事故に対して適用されます。

引用:Uber パートナー ドライバーの保険 – 仕組みについて – 補償範囲

対処法:任意で保険に加入

上記のリスクがあるため、任意で保険に加入しておくと万が一事故が起きた時も安心です。

任意で入れる補償サービスを2つ紹介します。

一人親方労災保険組合

出典:一人親方労災保険組合
入会金1,000円
組合費500円×加入月数
労災保険料給付基礎日額に応じた額(加入付きによる)

補償内容は公式サイトの表が分かりやすいので、直接ご確認ください。

» 自転車・原付配達員の労災保険【フードデリバリー労災保険】:フリーダイヤルあり。

保険見積もり

出典:インズウェブ

バイクや車の保険を一括で見積もってくれるサービスもあります。

色々なサービスを比較できるのが便利です。

» バイク保険一括見積もり|主要8社一括比較|保険の窓口インズウェブ

Uber Eats 配達パートナーへの補償についてよくある質問

Uber Eats 配達パートナーへの補償についてよくある質問をまとめています。

申込みや支払いは必要?

事前申込みや追加料金の支払いは必要ありません。

事故を起こした場合はどうすればいい?

警察およびサポートセンターまで連絡。事故の報告を受け次第、専任チームが対応します。

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次