» 求人サイト・アプリ一覧(単発・短期 〜 正社員)

転職サイト9つを徹底比較|求人数、ジャンル、年齢層を比較しておすすめ

「転職サイトって違いがよく分からない。」
「どれがおすすめ?」

このようにお考えではないでしょうか。

「今の仕事が合わない」「このままの収入だと不安」「キャリアアップしたい」など

転職する動機は人それぞれですが、転職するということは決してネガティブなことではありません

一昔前だと、入社した会社に定年まで勤めるという働き方が一般的でしたが、今は20代や30代でも転職する人が増加しています。 

実際、2019年の転職者は過去最大の351万人となりました。(※1)総務省統計局の調査データを参照
2020年、2021年は入職率・離職率が共に下落。雇用の流動性が失われています。(※2)厚生労働省の雇用動向調査を参照

とはいえ、転職サイトはたくさんあるので、その違いが分かりにくいです。

そこで、今回は『おすすめの転職サイトを表を使って分かりやすく比較紹介』しています。

転職サイトは3〜5つ程度併用して使うことで、より自分にあった仕事を見つけることができるのでおすすめです。

目次

転職サイトを求人数、ジャンル、年齢層で比較

転職サイトを求人数、ジャンル、年齢層で比較しました。

スクロールできます
リクルートエージェントdodaリクナビNEXTtypeマイナビエージェントキャリトレマイナビ転職エン転職はたらいく
求人数非公開非公開
非公開求人非公開
求人の主な年齢層20代〜50代20代〜50代20代〜50代20代〜30代20代〜30代20代20代〜50代20代〜50代20代〜50代
得意ジャンル総合総合総合IT、エンジニア第二新卒第二新卒総合総合地域密着
特徴転職支援実績NO.1転職希望者の2人に1人が使用限定求人が多数IT・エンジニア求人多数手厚いサポート20代に特化限定求人多数5年連続顧客満足度No.1地域密着型
機能など年収交渉の代行年収交渉の代行
年収査定診断
独占求人多数転職ノウハウのコンテンツが充実未経験職種への転職サポートベンチャー企業多数転職フェアを全国で開催担当者が取材して内部事情を掲載自分らしさをアピールしやすい
形態エージェント型エージェント型求人検索型エージェント型エージェント型エージェント型求人検索型求人検索型求人検索型
こんな人におすすめ志望する業界や業種がまだ決まってない人
幅広く求人をチェックしたい人
志望する業界や業種がまだ決まってない人
適正年収をチェックしたい人

独占求人も見逃したくない人
転職の選択肢を少しでも増やしたい人
東京、神奈川、大阪で転職したい人
IT系の求人をもっと比較したい人
若手向けの営業求人・エンジニア求人を探している
中小企業も比較したい人
ベンチャー企業に挑戦したい20代
フリーターなど未経験で転職を考えている人
未経験から転職を考えている人
地方での転職を考えている人
企業情報を掘り下げて見たい人
企業研究をじっくりしたい人
自分らしさ、好みを生かした転職がしたい人
地域に根付いた中小企業を探している人
公式リクルートエージェント転職エージェント【doda】リクナビNEXTtypeマイナビエージェントキャリトレマイナビ転職エン転職はたらいく

※求人数(非公開求人含む)は随時変動するため☆の数で評価

転職サイトを選ぶ時は、以下の項目を参考にするとよいです。

転職サイトを選ぶ時のポイント
  1. 求人数
  2. 非公開求人の有無
  3. 求人の年齢層
  4. 得意ジャンル
  5. 特徴
  6. 形態(エージェント型、求人検索型)

おすすめ転職サイト9選【2022年12月最新版】

当サイトおすすめの転職サービスはこちらの9つです。

おすすめ転職サービス
  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. リクナビNEXT
  4. type
  5. マイナビエージェント
  6. キャリトレ
  7. マイナビ転職
  8. エン転職
  9. はたらいく

どんな人にでもおすすめしやすい求人数が多い、幅広い求人を扱っている転職サイトから順番に紹介していきます。

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

運営会社株式会社リクルート
求人数
タイプ幅広い業界、業種に対応 ※実績、経験がある程度求められます
利用の流れ必要事項を入力
申し込み後7日以内にメールか電話で連絡
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1
  • 幅広い年齢層(20代〜50代)に対応
  • 非公開求人が10万件と業界最大級  ※2022/11時点(公式サイト参照)

\ 転職支援実績No.1 /

同じくリクルートが運営しているは、経験の少ない20代向けです。
学歴や資格よりも人柄重視なので、社会人未経験の方はこちらがおすすめです。

doda

出典:doda

公式サイト:https://doda.jp/

運営会社パーソルキャリア
求人数
タイプ幅広い業界、業種に対応
利用の流れ必要事項を入力、申し込み
7日以内にメールか電話で連絡
dodaの特徴
  • 求人数が業界最大級
  • 幅広い年齢層(20代〜50代)に対応
  • 非公開求人も多い

\ 求人数が業界最大級/

リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

運営会社リクルートグループ
求人数
タイプ幅広い業界、業種に対応
利用の流れ必要事項を入力、申し込み
7日以内にメールか電話で連絡
リクナビNEXTの特徴
  • 全国の求人を掲載
  • 幅広い年齢層(20代〜50代)に対応
  • リクナビNEXTでしか紹介できない求人が多数

\ 限定求人が多数 /

type

出典:type

公式サイト:https://type.jp/

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
求人数
タイプ特化型
利用の流れ新規会員登録後応募
typeの特徴
  • IT、エンジニアの求人が豊富
  • 対象の年齢層が若い(20代〜30代)向け
  • 非公開求人はないが、転職ノウハウのコンテンツが充実

\ IT、エンジニアに挑戦/

マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

公式:https://mynavi-agent.jp/

運営会社株式会社マイナビ
求人数
タイプ幅広い業界、業種に対応
利用の流れ必要事項を入力
申し込み後メールか電話で連絡
マイナビエージェントの特徴
  • サポート体制が手厚い
  • 対象の年齢層が若い(20代〜30代)向け
  • 非公開求人が多い

\ まずは相談 /

キャリトレ

出典:キャリトレ

公式サイト:https://www.careertrek.com/

運営会社株式会社ビズリーチ
求人数-(非公開)
タイプ特化型
利用の流れ必要事項を入力後、求人がメールで届く
キャリトレの特徴
  • 求人数が非公開
  • 20代に特化
  • ベンチャー企業も多い

\ 20代の求人に特化 /

マイナビ転職

出典:マイナビ転職

公式サイト:https://tenshoku.mynavi.jp/

運営会社株式会社マイナビ
求人数
タイプ幅広い年齢層に対応
利用の流れ必要事項を入力後、求人がメールで届く
マイナビ転職の特徴
  • 転職フェアを全国で開催
  • 第二新卒(20代〜30代)向けの求人が多い
  • マイナビ転職にしか載っていない求人が多数

\ 転職フェアを全国で開催/

エン転職

エン転職公式サイト
出典:エン転職

公式サイト:https://employment.en-japan.com/

運営会社エン・ジャパン株式会社
求人数
タイプ幅広い年齢層に対応
利用の流れ会員登録後、求人がメールで届く
エン転職の特徴
  • 4年連続総合満足度No.1
  • 「働きがい」で企業を探しやすい
  • エン転職にしか載っていない求人が多数

\ 4年連続満足度NO.1 /

はたらいく

公式サイト:https://www.hatalike.jp/

運営会社株式会社リクルート
求人数-(非公開)
タイプ幅広い年齢層に対応
利用の流れ会員登録後、希望の求人に応募
はたらいくの特徴
  • 地域ごとの求人が一目瞭然
  • シンプルで使いやすい
  • 非公開の求人はない

\ 地域密着型の求人サイト/

転職サイトについてよくある質問

転職サイトについてよくある質問を紹介します。

おすすめの転職サイトは結局どれ?
転職サイトと転職エージェントの違いは何?
  • 転職サイト
    • 自分で求人を探して応募します。
  • 転職エージェント
    • その道のプロがキャリアカウンセリングや志望動機などを添削し転職をサポートしてくれます。
転職エージェントは本当に無料?

求人を募集する企業からの紹介手数用によって事業が成り立っているため、転職者は一切料金がかかりません。

転職エージェントに相談したら必ず応募しないといけない?

紹介された企業に応募するかどうかは、転職者の判断なので、必ずしも応募しなければいけないというわけではありません。

同様に、転職するかどうかも転職者の判断に委ねられます。

非公開求人って何?

非公開求人とは、転職サイトやホームページなどインターネット上に掲載されていない求人のことです。

第二新卒とは?

第二新卒とは、学校などを卒業後いったん就職して、短期間のうちに転職を目指す求職者のことです。

年齢によって選ぶ転職サイトは変わる?

雇用対策法が改正され、事業者は労働者の募集及び採用について、年齢に関係なく均等な機会を与えなければならないこととされ、年齢制限の禁止が義務化されました。(※3)厚生労働省から引用

とはいえ、「20代、30代が活躍」などの表現は問題ありません。

そのため、年代にあった転職サイトを活用する方が求職者自身の負担にならないのでおすすめです。

エージェント型と求人検索型の違いは何?

転職サイトは以下2種類に分けられます。

  • エージェント型:キャリアコンサルタントが転職をサポート
  • 求人検索型:求職者自身で検索して応募

▼ 転職活動中にスキマ時間で働く ▼


出典
※1:https://www.stat.go.jp/data/roudou/topics/pdf/topics123.pdf
※2:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/22-1/dl/gaikyou.pdf
※3:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/topics/tp070831-1.html

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次