MENU
人気アプリ

▼ネットリサーチ国内最大手▼


▼簡単な作業・オフィスワークも▼


▼業界大手・レア求人多数▼


▼CMで話題のサービスで発注・受注▼


▼知名度抜群、配達件数が多い▼

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

▼業界トップクラスの固定報酬制▼

出前館 配達パートナー募集

人気サイト

▼日本最大級のクラウドソーシング▼



▼教える・学ぶ▼


» 求人サイト・アプリ一覧(単発・短期 〜 正社員)

ギグエコノミーとは|意味、歴史(始まりと発達した背景)問題点を考察

ギグエコノミーの意味、歴史、発達した背景意味をギグエコノミーの先進国である米国の文献をもとに紹介。問題点、メリット・デメリットを考察しています。

ギグワークができるアプリ・サイトまとめ

目次

ギグエコノミーとは

ギグエコノミーとは一体何か?

ギグエコノミーの意味

ギグ・エコノミーは、一時的なポジションが一般的で、組織が短期のコミットメントのために独立した労働者を雇う自由市場システム(※1)と紹介されています。

ギグエコノミーにおける働き手のことをギグワーカーと呼びます。

世界中の仕事やプロジェクトの中から自由に仕事を選択することができます。そして、企業は特定の分野で利用可能なものよりも大きなプールから特定のプロジェクトに最適な個人を選択することが可能です。

現代の人々は何度も転職する傾向があり、ギグエコノミーはその傾向の進化と考えられています。

ギグエコノミーの性質

  • フルタイムの労働ではない
  • 義務的な労働ではない
  • 業界は関係ない
  • 柔軟性のある雇用
  • プロジェクトベースの仕事
  • 情報が全ての人にいつでもオープン

ギグエコノミーの成長速度

ギグエコノミーについて興味深い最新の調査を紹介します。

世界的な自粛で、生活やキャリアが大きく変わったという方も多いのではないでしょうか?。

失業者が増える一方、ギグエコノミーの強さが雇用に光をもたらしているそうです。

The Growing Gig Economy (Infographic)によると、2020年、米国のギグエコノミーは33%成長しました。これは、米国経済全体の8.25倍の速さで、信じられない成長ぶりとのことです。

ギグエコノミーの人口

過去6年間で、ギグエコノミーは2倍の規模になりました。

世界アメリカ
ギグワーカーの人口11億人5,500万人
参照:The Growing Gig Economy (Infographic)

米国のデータ

  • 14%が失業。
  • アメリカの労働力の12%が初めてギグワークを開始。
  • フリーランサーの59%の収入が減少。
  • 17%がクライアントや請負業者から給料を受け取れなかった。

配達サービスの需要の高まり

アメリカ人の34%がギグエコノミーに関与。

  • ロックダウンなどにより旅行に行けなくなった、レストランの定員が限られているなどが要因。
  • 2025年までに総額2,000億ドルに達すると予想されている。

ギグエコノミーの歴史(始まり、発達した背景)

ギグエコノミーの歴史を紐解きます。

ギグエコノミーの始まり

The History and Future of the Gig Economy(※2)によると、ギグエコノミーは、「1915年にジャズミュージシャンがギグという言葉を使って演奏したのが発端」だと言われています。

2009年以降、「ギグエコノミー」はパートタイムのフリーランスの仕事と呼ばれていましたが、

ギグエコノミーが発達した背景

デジタル時代の労働力がよりモバイルになり、どこからでも仕事ができるようになってきていることがギグエコノミーが発達した背景の一つとして考えられています。

日本でも、2020年頃からフードデリバリーが急速に普及して街で見かける機会が増えました。

当サイトでは、ギグワークについて研究し続けていますが、テレビで単発バイトのギグワークをして働く女性が紹介されたことで認知度が大きく上がったと感じます。

ギグエコノミーの問題点を考察

ギグエコノミーが発達し労働者の数が多くなると、賃金が低くなり貧困化の助長になると考えられています。

業務委託で働くギグワーカーの保護が今後の課題と言えるでしょう。

世界的にギグワークの法整備などの議論が活発になってきていることもあり、今後は一般的な働き方として浸透していくことが期待されています。

実際に、EUではギグワークの質を高める動き(※3)が盛んです。

2022年2月17日、日本でもギグワーカーの保護などを目的にスポットワーク協会が発足しました。

ギグエコノミーのメリット・デメリット

ギグエコノミーのメリットとデメリットを企業側と働き手側(ギグワーカー)双方の視点から解説します。

組織・企業のメリットとデメリット

メリット

  • 福利厚生、オフィススペース、トレーニングなどのリソースを節約可能
  • 高額すぎてスタッフを維持できない特定のプロジェクトの専門家と契約が可能

デメリット

  • 人手が足りない時に、随時募集をかけなければならない
  • マルチなスキルを持つ人材が育ちにくくなる

ギグワーカーのメリットとデメリット

メリット

  • 継続的に長期間働く必要がないので、ワークライフバランスを改善することが可能
  • 働いた分だけ収入を得ることが可能

デメリット

  • 確実に仕事が得られるという保証がないので、正社員より収入が安定しない
  • 福利厚生や補償などが十分出ない

ギグエコノミーまとめ

最後に「ギグエコノミーの意味と歴史的背景と発達した理由、メリット、デメリット」について簡単にまとめています。

ギグエコノミーまとめ
  • ギグエコノミーは組織が短期で独立した労働者を一時的に雇う自由市場システムのこと
  • ギグエコノミーの歴史の始まりは、1915年のジャズミュージシャン。デジタルの発展で労働力がモバイル化し発達
  • ギグエコノミーは、企業側と労働者側どちらにもメリットがあるが、労働者が増えると貧困が問題になる可能性がある
  • 2022年、日本でもギグワーカーを保護する動きが活発化

GIG WORLD.はギグワークの専門サイトです。新しい働き方で情報がまだまだ少ないため、ギグワーカーの口コミ・評判、海外の文献などをもとに記事を執筆しています。

情報に誤りなどがあれば、お手数ですがお問い合わせまでご連絡お願いいたします。


参照
(※1)What is the Gig Economy? – Definition from WhatIs.com
(※2)The History and Future of the Gig Economy
(※3)EUがギグワークを「より良質」なものにする方法を探し始める | TechCrunch Japan

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次