» 求人サイト・アプリ一覧(単発・短期 〜 正社員)

雇用形態とは|働き方の種類、特徴を解説。多様性を認める社会へ

「どんな働き方がある?雇用形態の種類を知りたい」
「それぞれのメリット・デメリットは?」

このようにお考えではないでしょうか。

厚生労働省のさまざまな雇用形態を見ると正社員以外にも多様な働き方が存在します。

しかしながら、フリーランス、ギグワーカーなど定義が曖昧な働き方があるのも事実です。

そこでこの記事では、雇用形態とは何か働き方の種類、特徴を分かりやすく解説しています。

本記事は、厚生労働省の資料などを参考に、多様な働き方の現状をまとめています。

目次

雇用形態とは?

雇用形態のイメージ画像

雇用形態とは、企業と従業員が締結する雇用契約の種類です。

大きく分けると以下に分類されます。

雇用形態
  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣労働者
  • パートタイム労働者

働き方の種類|雇用関係がある働き方

雇用関係がある働き方について、それぞれ詳しく説明していきます。

正社員

厚生労働省の委託事業「多様な正社員の導入及び無期転換ルールへの対応に係る支援等事業」を見ると、従来の正社員以外にも様々な正社員がいることが分かります。

従来の正社員

一般的な正社員は以下いずれも限定されていません。

自由に選べない
  • 勤務地
  • 職務
  • 勤務時間

勤務地限定正社員

転勤するエリアが限定されていたり、転居を伴う転勤がなかったり、あるいは転勤が一切ない正社員。

3種類
  1. 転勤するエリアが限定されている
  2. 転居を伴う転勤がない
  3. 転勤が一切ない

職務限定正社員

担当する職務内容や仕事の範囲が他の業務と明確に区別され、限定されている正社員。

短時間正社員(勤務時間限定正社員)

所定労働時間がフルタイムではない、あるいは残業が免除されている正社員。

契約社員(有機労働契約)

契約社員は、正社員と違って労働契約にあらかじめ雇用期間が定められている社員のこと。

このような期間の定めのある労働契約は、労働者と使用者の合意により契約期間を定めたものであり、契約期間の満了によって労働契約は自動的に終了することとなります。

1回当たりの契約期間の上限は一定の場合を除いて3年です。

派遣労働者

派遣労働者とは、人材派遣会社(派遣元)と労働契約を結び、派遣先(派遣元が労働者派遣契約を結んでいる会社)に派遣され、派遣先の指揮命令を受けて動く働き方のことです。

労働者に賃金を支払う会社と指揮命令をする会社が異なるため、労働者派遣法(正式名称:労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律)において細かいルールが定められています。

法律上の雇い主はあくまで人材派遣会社です。よって事故やトラブルが起きた際は、まず人材派遣会社が責任をもって対処しなければなりません。

しかし、実際に指揮命令をしている派遣先は全く責任を負わないというのは妥当ではなく、労働者派遣法において派遣元と派遣先が責任を分担するべき事項が定められています。

参考:労働者派遣事業とは

パートタイム労働者

パートタイム労働者とは、1週間の所定労働時間が、同じ事業所に雇用されている正社員と比べて短い労働者をいいます(パートタイム労働法では、「短時間労働者」といいます)。

「パートタイマー」や「アルバイト」など、呼び方は異なっても、この条件を満たせばパートタイム労働法上のパートタイム労働者となります。

パートタイム労働者を雇用する使用者は、パートタイム労働法に基づき、公正な待遇の確保や正社員への転換などに取り組むことが義務付けられています。

また、労働者を雇い入れる際、使用者は、労働条件を明示すること、特に重要な条件については文書を交付することが義務付けられていますが、パートタイム労働法では、すでに述べた5点(こちらを参照)に加え、昇給・退職手当・賞与の有無についても文書の交付などによる明示を義務づけています。

自営型テレワーカー

自営型テレワーカーとは、注文者から委託を受け、情報通信機器を活用して主として自宅又は自宅に準じた自ら選択した場所において、成果物の作成又は役務の提供を行う人をいいます

法人形態により行っている場合、他人を使用している場合などを除きます。

新しい働き方

ここまで雇用形態をもとに様々な働き方を紹介してきました。

次に、法令上の用語でなく、定義が曖昧な働き方を2つ紹介します。

フリーランス

内閣官房、公正取引委員会、中小企業庁、厚生労働省の連名で策定された「フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン」によると下記のように説明されています。

「フリーランス」とは法令上の用語ではなく、定義は様々であるが、本ガイドラインにおける「フリーランス」とは、実店舗がなく、雇人もいない自営業主や一人社長であって、自身の経験や知識、スキルを活用して収入を得る者を指すこととする。

ギグワーカー

ギグワーカーは、インターネットを通じて単発・短時間の仕事を請け負い個人で働く人のことを一般的にさします。

フードデリバリーやクラウドソーシングを通じた仕事の場合は業務委託がほとんどですが、単発のアルバイトなどは直雇用型の働き方も最近増えてきています。

雇用形態についてよくある質問

雇用形態についてよくある質問をまとめています。

会社員とは?

会社員とは、会社に雇われ働いている人のこと。

一般的に、アルバイトやパートなどの非正規雇用を含まず、正規雇用で会社に勤める人を呼びます。

無期転換ルールとは?

無期転換ルールは、雇用の安定、労働意欲や職業能力の向上を目的として2013年4月1日に施行されました。

同一の使用者との間で有機労働契約が通算で5年を超えて繰り返し更新された場合は、労働者の申し込みにより、無期労働契約に転換します。

雇用区分は会社の制度によって異なるため、必ずしも正社員になるというわけではありません。

対象者:契約社員、パート、アルバイト などの名称は問われません。

フリーランスの雇用形態は?

発注者と業務委託契約を結ぶのが一般的です。

注文主から受けた仕事の完成に対して報酬が支払われるので、注文主の指揮命令を受けない「事業主」として扱われ、基本的には「労働者」としての保護を受けることはできません。

多様な働き方を認める社会へ

厚生労働省が掲げているように、多少な働き方を認める社会になりつつあります。しかしながら、それぞれの働き方を尊重する社会とは言い難いです。

自分に合わない働き方をすると、心身ともに大きな負担となります

本記事を読んだ方が、自分に合う働き方を見つけることができれば幸いです。


記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次