» 求人サイト・アプリ一覧(単発・短期 〜 正社員)

ギグワークとは|特徴、メリット・デメリット、仕事の種類、始め方を解説

新しい自由な働き方ができると話題のギグワークとは何か?

ギグワークは単発・短時間ですぐに働くことができるので、近年注目度が高い仕事形式です。

しかしながら、一般的な仕事とどのように違うのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ギグワークの特徴、メリット・デメリット、始め方を分かりやすく解説しています。

目次

ギグワークの意味と由来

Uber Eats 配達パートナー

ギグワークは、英語のGig とWork を組み合わせた造語です。

意味

Gig は一度限りの演奏をセッションを表す英語のスラングで、ギグワークは「インターネット上のプラットフォームで通じて請け負う単発・短時間の仕事」を意味します。

オンラインで仕事の受発注がスムーズにいくため、仕事探しから採用まで近年注目を浴びている仕事形式です。

関連用語
  • ギグワーカー:ギグワークで働く人
  • ギグエコノミー:フルタイムの正社員ではなく、独立した契約社員やフリーランサーによる臨時・パートタイムのポジションに大きく依存する労働市場のこと

由来

ギグワークの歴史は1915年まで遡ります。

ギグの仕事はあなたが思っているよりずっと古いです。 2009年以降、「ギグエコノミー」はパートタイムのフリーランスの仕事と呼ばれていましたが、ギグエコノミーの始まりは1915年に始まり、ジャズミュージシャンが「ギグ」という言葉を使ってパフォーマンスを表現しました。

翻訳:What is a gig economy?

ジャズミュージシャンが「ギグ」という言葉を使って演奏していたことがギグワークの由来と言えるでしょう。

ギグワークの特徴

ギグワーカーとフリーランスとの違い
※画像をクリックすると拡大

ギグワークの特徴は以下3つです。

  1. 組織に属さない
  2. 単発・短時間で働くことができる
  3. インターネットで仕事を受発注

それぞれ詳しく解説していきます。

1.組織に属さない

自転車でフードデリバリーする男性イラスト

ギグワークは一般的に組織に属さないという性質を持ちます。契約はその時限りであることがほとんどです。

そのため、正社員やシフト制のアルバイトよりも自由な働き方が可能です。

2.単発・短時間で働くことができる

ギグワークは単発・短時間の仕事という性質を持ちます。

そのため、好きな時間に好きなだけ働くことが可能です。

3.インターネットで仕事を受発注

一般的にギグワークは、インターネット上のプラットフォームを使って仕事を受発注します。

そのため、仕事をスムーズに受発注することが可能です。

ギグワークのメリット・デメリット

以下、ギグワークのメリットとデメリットをまとめたものです。

ギグワークのメリット

  • 単発の仕事のため、仕事をした分だけ稼げる
  • 空いている時間を利用し、スキマ時間を再活用できる
  • 本業以外の副収入で収入アップを目指せる
  • 未経験、初心者でもできる仕事が多い

ギグワークのデメリット

  • 長期の雇用でないため、安定した収入を得るのが難しい
  • 単発の仕事のため、都度仕事を得る必要がある
  • 業務委託契約の場合、「労働者」でなく「個人事業主」と扱われるため、労災がおりないことがある
  • 業務委託契約の場合、時給換算で最低賃金を下回ってしまう場合がある

単発バイトは契約で拘束期間と報酬が決まっているため、過度に心配する必要はありません。

しかし、フードデリバリーやクラウドソーシングはタスク制の仕事(1件あたり〜円)のため、スキル・経験次第では思うように収入を得られない可能性があります。

最近は、ワーカーと担当者の希望が合致すれば中長期で採用という企業も増えてきています。自分の働きたい業種や職種に悩んでいる方にとって、単発で試しに働くことができるギグワークはポジティブと言えるでしょう。

ギグワーカーの雇用形態

ギグワーカーの雇用形態はどうなっているのか?

大きく分けると以下2種類に分類されます。

ギグワークの雇用形態
  1. 業務委託契約(直接的な雇用契約がない)
  2. 雇用契約

業務委託契約

業務委託の場合は労働法の対象外になるため、一般的には労災がおりず最低賃金が適用されません。

成果に応じて報酬が支払われる歩合制のため、頑張った分だけ稼ぐことが可能です。

業務委託の例
  • フードデリバリー
  • クラウドソーシング

雇用契約

雇用契約がある場合、一般的なアルバイトと同様に最低賃金が保証されています。

成果に関わらず報酬が支払われる固定報酬制のため、業務をこなせば決まった報酬がもらえる仕組みです。

雇用契約の例
  • 単発のアルバイト

▼企業向け

ギグワークの仕事の種類

ギグワークはどんな仕事があるか?

仕事の種類は多岐に渡ります。

以下、ギグワークの仕事の種類と代表的なサービスを表にまとめたものです。

仕事の種類サービス
フードデリバリーUber Eats、出前館
単発バイトタイミー、シェアフル、ショットワークス
クラウドソーシングクラウドワークス、ランサーズ、ココナラ
家事代行タスカジ、Casy
講師・インストラクターストアカ

▼個人向け

ギグワークと一般的な働き方の違い

※画像をクリックすると拡大します。

ギグワークは他の働き方どどう違うのか?

フリーランスとギグワーカーの違い

フリーランスとギグワーカーの違いは何か?

ギグワーカーが単発・短時間で働くのに対して、フリーランスは一般的にプロジェクト単位で仕事を受注します。

フリーランスは長期の案件も遂行するのが大きな特徴と言えるでしょう。

アルバイトとの違い

アルバイトとギグワークの違いはシフトの有無です。

ギグワークは単発・短時間の仕事でシフトがないのに対して、一般的なアルバイトは週2勤務などシフト制がほとんどです。

単発バイトとの違い

単発バイトもギグワークに含まれると考えて差し支えないでしょう。

しかしながら、一般的に単発バイトは働く時間数や時間帯が契約内容に記載されていることが多いです。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)に代表されるフードデリバリーのように、タスクをこなした分だけ稼げるというわけではありません。

ギグワークの始め方

ギグワークの始め方を解説します。

ギグワークの始め方・利用の流れ
STEP
ギグワークの求人アプリ・サイトに登録
STEP
ギグワークの仕事を探す・待つ
STEP
ギグワークを受注する
STEP
ギグワークを遂行する
STEP
ギグワークの報酬を受け取る

STEP1:ギグワークの求人アプリ・サイトに登録

ギグワークはインターネット上のプラットフォームを使い仕事を探します。

そのため、まずは「ギグワークの求人を募集しているプラットフォーム(アプリやサイト)にアカウント登録」する必要があります。

登録、利用料金は基本的に無料です。

▼アプリを選ぶ

STEP2:ギグワークを探す・待つ

次に、仕事を見つけます。

ギグワークの仕事を見つける方法は、大きく分けると以下3種類です。

  1. アプリを起動して依頼を待つ
    • 配達の仕事
  2. ギグワークの求人を自分で探して応募
    • 単発バイト
    • クラウドソーシング
  3. 自分が出来るスキルや仕事を提案(出品)して仕事を受注(販売)
    • クラウドソーシング
    • 家事代行
    • 講師・インストラクター

それぞれのやり方について、詳細とメリットを紹介します。

依頼を待つスタイル

自転車でフードデリバリーする男性イラスト

配達のギグワークは、アプリをオンラインにして、依頼が来るのを待つスタイルです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)などが代表的な例と言えるでしょう。最初の審査さえ通ってしまえばいつでも仕事ができるので、仕事を探す手間がかからないです。

仕事を探して応募するスタイル

一般的な求人と同様に、ギグワークができるアプリやサイトで仕事を探して応募するスタイルです。

アルバイトと同様に、求人内容を見て気に入った求人があれば応募します。単発バイトは面接や研修が基本的にないので、手軽に始めることが可能です。

スキルや仕事を提案するスタイル

クラウドソーシングサービスなどを通じて、スキルや仕事を提案(出品)するスタイルです。

依頼者の仕事内容に提案する、もしくは自分で仕事内容を提案して出品します。基本在宅ワークなので、インドアな方でも始めることが可能です。

STEP3:ギグワークを受注する

次に仕事を受注します。

  • 配達のギグワークの場合
    • 配達のリクエストを受けると仕事が始まります。
  • それ以外の場合
    • 採用担当者(クライアント)が応募・プロフィールや経歴・提案された仕事内容を見て依頼するかどうか判断するのが一般的です。

STEP4:ギグワークを遂行する

仕事が決まったら、内容に応じて仕事をこなします。

ギグワークの報酬体系
  1. 成果報酬型
    • 依頼された内容をこなすと報酬がもらえる仕組み
  2. 時間報酬型
    • 依頼された時間に依頼された仕事をこなすと報酬がもらえる仕組み

STEP5:ギグワークの報酬を受け取る

請け負った仕事が終わったら報酬を受け取り終了です。

報酬の受け取り方や受け取るタイミングは、アプリやサービス、案件により異なります。

報酬の受け取り方の種類
  • 現金払い
  • 口座振り込み(即日)
  • 口座振り込み(毎月・毎週)

以上でギグワーク終了です。

クライアントと関係性ができると再度依頼がある場合もありますが、仕事を受注するかどうかは個々の自由です。

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次